レビー小体型認知症 家族を支える会
文字サイズ
文字大 文字中 文字小
レビー小体型認知症とは?
 
 
DLBの医学的な基礎知識
 
page1 | page2 | page3 | page4
 
 (2/4)
海外では?

海外では?

レビー小体型認知症は、日本で発見された病気ですが、欧米での方が早くに注目されてきました。

フィンランドの場合
75歳以上の市民を対象にした調査で、 DLBは22%でした。(下の図を参照)

イギリスの場合
脳の解剖に基づく調査では、 DLB18%でした。(下の図を参照)

 
レビー小体型認知症の割合(フィンランド)レビー小体型認知症の割合(イギリス)
 
日本では?

日本では?

海外での数値をもとに試算すると、日本では約50万人いると考えられています。

軽度を含めた認知症患者さんが約200万人の約20%として = 約40万人。

さらに、病理学的にみると認知症を伴うパーキンソン病の殆どがDLBであることからパーキンソン病患者さん15万人のうち7割が認知症を伴っているとして約10万人。合計で50万人いることになります。

 

この記事のメニュー:DLBの医学的な基礎知識

【page1】DLBの医学的な基礎知識 −原因−
【page2】DLBの医学的な基礎知識 −治療のポイント−
【page3】DLBの医学的な基礎知識 −治療−
【page4】DLBの医学的な基礎知識 −海外では、日本では−
記事一覧へ戻る