レビー小体型認知症 家族を支える会
文字サイズ
文字大 文字中 文字小
レビー小体型認知症とは?
 
 
DLBの医学的な基礎知識
 
page1 | page2 | page3 | page4
 
 (1/4)
レビー小体型認知症の原因

レビー小体型認知症の原因

レビー小体型認知症 (DLB) では、脳の神経細胞に「レビ一小体」という特異な封入体がたくさん存在しています。 (封入体:ウィキペディア(Wikipedia)

レビー小体の写真
 

レビー小体型認知症 (DLB)はパーキンソン病の延長線上にあり、ともに「レビー小体病」としてくくられ、本質的には同じ病気だと考えられています。

頭の断面レビー小体が、主に脳幹に現れるとパーキンソン病になり、さらに大脳皮質にまで広く現われると、レビー小体型認知症になります。しかし、 DLBの原因は今のところはっきりわかっていません。

DLBの解明には、レビー小体の解明が重要になりますが、最近、レビー小体の本体として「アルファ ・シヌクレイン」というたんばく質が注目され多くのことがわかってきています。
DLBにおいては、アルツハイマー型よりも神経伝達物質のアセチルコリン系の障害が強いことが知られています。

また、DLBはパーキンソン病の延長線上にあるので、しばしば神経伝達物質ドーパミン系の障害もあり、また、ノルアドレナリン系やセルトニン系にも障害が起こります。

 

この記事のメニュー:DLBの医学的な基礎知識

【page1】DLBの医学的な基礎知識 −原因−
【page2】DLBの医学的な基礎知識 −治療のポイント−
【page3】DLBの医学的な基礎知識 −治療−
【page4】DLBの医学的な基礎知識 −海外では、日本では−
記事一覧へ戻る